[PR]

 萩生田光一文部科学相は27日の閣議後会見で、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が出た場合でも、学校に対する全国一斉の臨時休校は要請せず、来年1月の大学入学共通テストについても実施する考えを示した。

 萩生田氏は、児童生徒が発症したり重症になったりする割合は低く、学校を中心に感染が広がる状況ではないとした上で、「春先のような全国一斉休業を要請することは考えていない」と発言。自治体などの学校設置者に対し、「地域一斉の臨時休校も慎重に判断すべきだ」と述べた。

 共通テストについては、政府の感染症対策分科会が入試は他のイベントと比べて感染リスクが低いと判断していることを挙げ、「予定通り実施する方向で準備している」と話した。その後の衆院文部科学委員会では、仮に予定通り実施できない事態になっても「日程を変更してでもやる準備をしている」と答弁した。(伊藤和行)