[PR]

 新型コロナウイルスの流行が続く中、店舗のあり方が大きく変わろうとしている。百貨店を主な売り場としてきた下着大手ワコールホールディングスも、影響は避けられない。どんな将来像を描くのか、安原弘展社長に聞いた。

 これからの時代、どこで買うかはお客様の自由。利便性を高めるような手立てを、すべて整える必要があります。まずはデータベース化です。

 従来は売るまでに、計測して、好みを聞いて、試着をしてと、最初だけで10分、20分かかっていました。データベース化ができていれば、「前略、お客様」みたいな、「前略」ができるわけですよね。お客様からしても効率的で、販売員一人ずつの効率も上がります。だから、その場で売らなくても、データだけはなるべくお聞きしようとしています。

 では、販売員の評価はどうする…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら