[PR]

 沖縄県の玉城デニー知事が27日、細菌性肺炎と診断され、県内の病院に入院した。県が発表した。1週間程度の入院が必要という。

 県によると、玉城知事は25日夕方から微熱があり、26日は登庁しなかった。同日受けた新型コロナウイルスのPCR検査は陰性だった。その後、夜に38度以上の高熱が出て、翌27日午前に病院を受診。細菌性肺炎と診断され、入院した。改めてPCR検査を受け、29日にも結果が出る見込み。