[PR]

 島津製作所が中小の病院やクリニック向けに新型コロナウイルスのPCR検査が自動でできる装置を開発し、27日に発売した。税抜き190万円と先行する他社製品より割安で、規模の小さい施設でも導入しやすくしたという。

 装置は幅30センチ、奥行き65センチ、高さ66センチ。同社の試薬キットを使い、唾液(だえき)などの検体をセットすると、装置につないだパソコン画面に結果が表示される。1度に四つの検体を調べることができ、一つの検体だけなら約90分、4検体同時でも、約2時間で感染の有無がわかる。1年間で3千台の販売を見込んでいるという。(佐藤秀男)