[PR]

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズNHK杯は27日、大阪府門真市の東和薬品ラクタブドームで開幕し、女子ショートプログラム(SP)では坂本花織(シスメックス)が目立ったミスなく演技をまとめ、75・60点で首位発進。2位は樋口新葉(明大)で69・71点、3位は山下真瑚(愛知・中京大中京高)で67・56点だった。そのほか、2季ぶりに国際大会に復帰した三原舞依(シスメックス)は63・41点で7位、本田真凜(JAL)は58・30点で9位。女子フリーは28日に行われる。

 「大丈夫。思い切って行ってらっしゃい」。コーチの激励を受けてリンクに送り出された三原舞依(シスメックス)は、演技を終えると両手を高く突き上げた。冒頭のルッツ―トーループの連続3回転ジャンプを着氷すると、続く2回転半、最後の3回転フリップも着氷。演技をまとめた。

 総立ちで拍手を送る会場の声援を聞き、「うれしさが心から出て、フワッと涙が出てきた」と三原。63・41点。キス・アンド・クライでは、うなずきながら得点を聞いた。「すごくお客さんの拍手が温かくて、最後まで滑り切れてよかった。感謝の気持ちでいっぱいです」

 演技については、「最初の連続…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら