本田真凜、「大切な曲」で乗れず SP9位

有料会員記事

[PR]

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズNHK杯は27日、大阪府門真市東和薬品ラクタブドームで開幕し、女子ショートプログラム(SP)では坂本花織シスメックス)が目立ったミスなく演技をまとめ、75・60点で首位発進。2位は樋口新葉明大)で69・71点、3位は山下真瑚(愛知・中京大中京高)で67・56点だった。そのほか、2季ぶりに国際大会に復帰した三原舞依(シスメックス)は63・41点で7位、本田真凜(JAL)は58・30点で9位。女子フリーは28日に行われる。

 本田真凜は大きなミスはなかったものの、冒頭の連続3回転ジャンプの二つ目が2回転になるなど、乗り切れなかった。

 SPに選んだ曲は、かつて滑っていた「ザ・ギビング」。納得のいく出来ではなく、「すごく好きな曲で、自分のなかで大切な曲なので、次はいい演技ができればいいなと思います」と話した。

 ただ「今回はとりあえずは…

この記事は有料会員記事です。残り96文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]