[PR]

モンテディオ山形・MF末吉塁選手

 8日の千葉戦でプロ初ゴールを決めました。PKで相手ゴールキーパーがはじいたボールを押し込みました。狙っていたのでうれしかったけど、石丸清隆監督には「あれはゴールじゃない(笑)」とからかわれました。試合は5―1で勝利。モンテが5得点以上で勝ったのは約6年半ぶりです。この調子でアシストやゴールといった結果にこだわりたいです。

 身長はチームで一番低い166センチ。その分、持ち味のスピードや一対一の強さを発揮し、相手の懐に入っていくプレーを意識しています。小学生の時のチームがドリブルでボールを前に運ぶ戦術だったことが影響しています。

 実は、昨年まで試合どころか練習中でもボールを競り合う場面で怖さを感じることがありました。きっかけは高校3年の時、練習中に右肩を脱臼したことです。それから年に1、2回ほど肩が抜けるようになり、試合には肩をテーピングでぐるぐる巻きにして臨んでいました。大学4年の時にはもう一方の左肩も脱臼。「また肩が抜けるのでは」と常に不安を抱えたままプレーを続けていました。

 モンテに入ったのは大学卒業を…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

関連ニュース