拡大する写真・図版村井チェアマン(左)の話を聞く矢部浩之さん(DAZN提供)

[PR]

 サッカー番組「やべっちF.C.」(テレビ朝日系)が今年9月、18年半の歴史に幕を閉じた。選手からも愛された番組がなくなる逆風の中、新たなサッカーファンをどう増やしていくのか。スポーツ動画配信サービス「DAZN」での新番組「やべっちスタジアム」(29日午後11時開始)でもメインキャスターを務めるお笑い芸人「ナインティナイン」の矢部浩之さん(49)と、Jリーグの村井満チェアマン(61)が語り合った。矢部さんからは「Jリーガーの給与アップ」という大胆な改革案も飛び出した。

「あかん、辞めたくない」。こぼれた本音

 ――「やべっちF.C.」の最終回で、矢部さんは「あかん、辞めたくない」とつぶやきました。

 矢部「本来だと、ああいう本音を言うタイプではないですね。ただ、やっぱり心が動いたんですよ。日本代表の歴史の映像を見てきて、この先も代表を応援したいなって。サッカーと距離ができてしまう。来週もテレ朝に来たいなって」

 村井「舞台袖で聞いていました。シナリオにない本音を言ったな、と。周りもうるうるしていたし、すごい空間でしたよ。『なんとかならないのか、チェアマン』と投書みたいなのもありましたし」

拡大する写真・図版新番組のロゴの前でポーズをとる矢部浩之さん(右)と村井チェアマン(DAZN提供)

矢部さんから村井チェアマンへのお願いも
地上派のサッカー番組がなくなることへの危機感、新番組に引き継がれる思い、スターはどうしたら生まれるのか。様々なテーマを語り合いました。その中で、日本サッカー発展のために、お互いに期待することも。矢部さんからは「日本は年俸が安すぎます」と村井チェアマンに大胆な提案もありました。

■引き継がれる名物企画「デジっ…

この記事は有料会員記事です。残り2065文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り2065文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り2065文字有料会員になると続きをお読みいただけます。