[PR]

 共産党の機関紙「しんぶん赤旗」が9月、優れたジャーナリズム活動に与えられるジャーナリスト団体の賞で初めて大賞を受けた。対象となったのは、安倍晋三前首相が主催した「桜を見る会」をめぐる報道。政党機関紙の受賞は珍しいが、その活動とジャーナリズムは相いれるのか。実像を探った。(赤田康和、池上桃子)

 11月上旬、東京・千駄ケ谷のビルに入る赤旗編集局を訪ねた。壁には「まもろう 憲法9条」と書かれたポスターが貼られ、社会部、政治部など部署ごとに机が並ぶ。パソコンの横には紙の資料があふれ、記者たちが談笑したり議論したりしていた。編集局は共産党の一部局で、記者はみな党員だ。

 党幹部でもある小木曽(こぎそ)陽司編集局長と日曜版の山本豊彦編集長が取材に応じた。

 「我々は権力監視を最も重視しており、こういう問題に反応する鋭いアンテナを持っている」。山本氏はそう話す。

 どういうことなのか。

 赤旗は10月1日、1面に「菅…

この記事は有料会員記事です。残り4437文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り4437文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り4437文字有料会員になると続きをお読みいただけます。