拡大する写真・図版筑波大付属病院の陽子線照射室=筑波大付属病院提供

[PR]

 がんの放射線治療が大きく変わってきた。がん組織だけを照射する技術が進み、働きながら治療を受けられるように工夫する医療機関も登場。照射の回数を減らす取り組みも始まっている。

子どもの成長障害を減らすには

 2012年夏、関東地方の女性(45)は生後11カ月の長男(9)のおしっこが急に出なくなり、「これまでと泣き方が違う」と胸騒ぎがした。検査の結果、前立腺から膀胱(ぼうこう)にかけ、約5センチの「横紋筋肉腫(おうもんきんにくしゅ)」という小児がんができていた。

 抗がん剤で腫瘍(しゅよう)を小さくした後、手術をした。腫瘍が取り切れていないと、再発する恐れがある。放射線をあてて腫瘍をきれいに取ることになった。

 X線はがんを通過するため正常な組織にもあたる。成長障害につながる恐れがあると聞き、女性は不安に襲われた。入院中の別の子の親から「陽子線」について教えてもらい、がんで止まってピンポイントに照射できることを知った。主治医から筑波大付属病院を紹介され、治験に参加した。

 約1カ月半、平日は毎日照射し…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら