• アピタル

重症者の病床確保、近づく限界 数字以上に深刻な実態

有料記事新型コロナウイルス

[PR]

 新型コロナウイルス感染症の重症者の入院ベッドが、東京都大阪府などで逼迫(ひっぱく)し始めた。厚生労働省の集計では、新型コロナの重症者は26日時点で435人。半月で約2倍となった。今の感染者の増加ペースでは、重症者がさらに急増する事態は避けられない。感染拡大地域では、新型コロナ以外の重症者の診療を制限しなければ対応できない状況に追い込まれつつある。

 朝日新聞の取材では、自治体が確保した重症者用ベッドの重症者の使用率(26日時点)は、大阪府で52%、東京都で40%、神奈川県で32%、愛知県で31%、兵庫県で29%だった。確保したベッドの使用率は政府の分科会が示した指標の一つだ。「25%以上」がステージ3(感染急増段階)の目安になる。

 実態は数字以上に深刻だ。都は人工呼吸器か体外式膜型人工肺(ECMO(エクモ))を装着した患者を重症者と定義し、26日現在で60人。重症者用の確保ベッドは「150床」とする。しかし、「確保」は必ずしも今使えることを意味していない。人手不足などですぐに使えないものが含まれるという。

 都で入院ベッドの調整を担う山口芳裕・杏林大病院高度救命救急センター長は「実際に使えるのは半分ぐらいで、新たな重症者を受け入れられるベッドはほとんどない」と指摘する。

 エクモを必要とする重症者の…

この記事は有料記事です。残り957文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]