[PR]

 広大な土地に、独自の多様な野生生物が暮らすオーストラリア。そこにすむ動物たちにとって今、大きな脅威となっている存在がある。18世紀の英国による入植後に持ち込まれ、野生化した、その動物とは――。(キャンベラ近郊=小暮哲夫)

 ユーカリの木々が点在する広大な草原を数分歩くと、茂みからハリモグラが現れた。近くの池のほとりに目をやると、カモの家族がたたずんでいる。ワラビーも時折、姿を見せる。

 首都キャンベラから車で30分ほどのところにある自然保護区「ムリガンズ・フラット」。動物たちの穏やかな姿が見られる一方で、全体を囲むように続く無機質な金網が目を引く。黄色い文字の警告表示には「電気柵」と書いてあった。

 485ヘクタールある保護区の周囲は金網で囲まれている。全長11・5キロの金網は、保護区内の動物たちを守ろうと、首都特別地域政府が2008~09年に設置した。何から守るのか。それは、野生化した猫だ。

 金網の最上部は曲線の形で、保…

この記事は有料会員記事です。残り2414文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り2414文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り2414文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら