[PR]

 イランの首都テヘラン郊外アブサドで27日、同国の著名な核科学者モフセン・ファフリザデ氏が何者かに襲撃され、死亡した。地元メディアが報じた。イラン側はイスラエルが犯行に関わったとして非難している。

 地元メディアによると、襲撃は27日に路上であり、最初に車1台が爆発。近くを走っていたファフリザデ氏の車が止まり、待ち伏せていた武装集団が銃撃したという。ファフリザデ氏はヘリコプターで病院に搬送されたが、まもなく死亡が確認された。イラン国防省によると、ファフリザデ氏は同省の研究開発部門トップだった。

 イランのザリフ外相は同日、ツイッターで「イスラエルの役割を示す重大な兆候がある」と投稿し、「国家テロだ」と非難した。イラン軍のバゲリ参謀総長は地元メディアで、実行犯が米国とイスラエルに関係があると主張。「猛烈な報復が待っている」とした。

顔写真示し「名前を忘れるな」

 イスラエル政府はコメントして…

この記事は有料会員記事です。残り430文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り430文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り430文字有料会員になると続きをお読みいただけます。