[PR]

 東京都は28日、新型コロナウイルスの感染者を新たに561人確認したと発表した。累計で4万210人となり、10月25日からの約1カ月間で新たに1万人の感染が確認された。3万人までの1万人は約2カ月かけて増えており、増加の速度がほぼ倍になった。

 感染者561人のうち、年代別では20代が132人と最も多かった。30代が102人、40代が90人、50代が83人、65歳以上の高齢者も82人となった。無症状者は1日あたりで最多の129人だった。

 また、「人工呼吸器か体外式膜型人工肺(ECMO(エクモ))を使用」とする都基準の重症者数は、前日より6人増えて67人となり、緊急事態宣言解除後の最多を更新。小池百合子知事はこの日、重症患者を受け入れる病院を中心に視察し、「共通して課題であるのは人員の確保という点」と述べた。

 東京都では27日、1日の感染者数としては過去最多の570人が確認されていた。