[PR]

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズのNHK杯は28日、大阪府門真市の東和薬品ラクタブドームで第2日があり、女子フリーでは前日のショートプログラム(SP)首位で、2018年平昌五輪6位の坂本花織(シスメックス)が、ノーミスの演技で1位の153・91点をマーク。参考記録ながら、SPとの合計で自己最高の229・51点とし、GPシリーズ初優勝を決めた。

 坂本は、演技序盤のフリップ―トーループの2連続3回転ジャンプで2・01点の出来栄え点(GOE)を引き出して11・51点を稼ぐなど、技術点は80・07点。演技構成点も5項目中、4項目で9点台で73・84点をマークした。演技後の報道陣との主なやり取りは次の通り。

 ――演技を終えての心境は。

 「普段の練習から、ノーミスでできることがすごく多くなってきてたので、練習通りやろうって思いすぎて、だいぶ緊張から、ジャッジさんの目線とか、見ることができなかったんですけど、やるべきことはしっかりやれたので、そこはすごく満足しています」

 ――SP1位で折り返して、今…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら