[PR]

 シンガー・ソングライターになりたいジャイアンは悩んでいた。

 詩はできた。自慢の声もある。だが、曲が思い浮かばない。「おれには、才能がないんだ」。頭を抱える姿を見て、ドラえもんがポケットから取り出したのが、「メロディーお玉」だ。

 「おいらのォ~心の胸は~お空の月の~~星のなみだよォ~オ~」

 ジャイアンが道具に付いたマイクに詩を吹き込むと、中にいるおたまじゃくしが動きだす。おたまじゃくしは音符の形になり、楽譜ができる。最後におたまじゃくしはカエルとなり、楽譜通りに歌い始める。「これがおれの詩につけられた曲か」「なんと美しい…」。笑顔と自信を取り戻したジャイアンは、数日で100曲を作り上げる(てんとう虫コミックス第16巻より)。

 詩さえ作れば誰でも作曲できる。そんな夢のような道具がある。嵯峨山茂樹・東京大名誉教授(72)の研究グループが開発した自動作曲システム「オルフェウス」だ。システム(http://www.orpheus-music.org/Orpheus-main.php別ウインドウで開きます)は一般開放されていて、すでに80万曲以上が作曲されている。

英語学習に似ている

作詞はジャイアン。0・5秒で完成した曲の出来栄えは…。聴いてみると、意外と心にしみるバラードでした。後半に動画で紹介します。

 大のクラシック音楽好きの嵯峨…

この記事は有料会員記事です。残り2108文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り2108文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り2108文字有料会員になると続きをお読みいただけます。