[PR]

 京都市中心部を流れる高瀬川沿いに発展した木屋町通。飲食店が並び、活気にあふれる京都随一の繁華街だ。その一角にひっそりとたたずむ寺が、ずっと気になっていた。よく行く牛丼店のそばにある瑞泉寺。門前の石碑には「豊臣秀次公之墓」と刻まれている。なぜ、ここに――。思い切って、山門をくぐった。

 境内に入ると、静寂の空間が広がっていた。石畳の先に、本堂がそびえる。出迎えてくれた住職の中川龍学(りゅうがく)さん(54)によると、この地はかつて、鴨川やその支流に囲まれた中州だったという。「本堂から三条大橋あたりに処刑場があったそうです。想像できませんよね」。中川さんはそう言うと、400年以上前の悲劇について教えてくれた。

 石碑にあった秀次は、豊臣秀吉の姉の子。後継者として秀吉の養子になり、関白になった。だが、秀吉に実子の秀頼が生まれたころから関係が悪化。謀反を疑われて高野山に追放され、1595年に自害した。残された秀次の子や妻らが処刑された。一族を弔うため、跡地に建立されたのが瑞泉寺という。「瑞泉」は秀次の法名から取った。

 なぜ、妻らはこの地で処刑されたのか。中川さんは「多くの人の見せしめにしようと思ったのでしょう」と推し量る。処刑される5年前、秀吉の命令で、鴨川に三条大橋がかけられた。そのため、周囲の往来が激しくなっていたという。

 「見せしめ」説を裏付ける資料があるといい、寺に残る絵巻を見せてくれた。白装束の女性や子どもらを乗せた牛車の周りには、それを見つめる人たちの姿が描かれている。合掌する女性や子どもに対し、男が刀を振りかざす場面でも、周囲で多くの人たちが見守っている。みな、もの悲しそうに見える。

 息子4人と娘1人、側室として仕えた女性ら34人の計39人が処刑され、大きく掘られた穴に投げ込まれたと伝わる。目撃した町衆らは嘆いたといい、中川さんは「一族への同情の目で見つめていたのでしょう」。

 境内の奥に、秀次の一族をまつった石塔があった。中央には秀次の首を納めたと伝わる石を安置し、それを囲むように、秀次に殉じた家臣10人と一族39人の石塔を建てたという。中川さんは力を込める。

 「瑞泉寺は秀次一族をまつる寺です。秀吉は戦国の英雄として人気ですが、女性や子どもを殺すのは間違い。それをこの地で伝え続けていくのが私の役割だと思っています」

   ◇  ◇

 絵巻には、処刑される一族の横で様子を見守る僧の姿も描かれていた。大雲院(京都市東山区)を創建した貞安(ていあん)上人という。秀次一族にかかわる資料や言い伝えがあるかもしれない。そう考え、大雲院を訪れた。

 大雲院は1587年、烏丸二条に建立され、その後に寺町四条、1973年に現在地に移ったとされる。2014年、寺町四条の旧大雲院跡で、秀次の供養塔の一部が見つかった。執事の北條伸明さん(54)は「貞安上人は当時、京で名が知られていました。秀次一族の処刑に胸を痛めたのでしょう」と話した。

 普段は公開していない境内を、特別に案内してもらった。織田信長と信忠の石碑に加え、1594年に三条大橋の周辺で処刑されたとされる石川五右衛門の墓もあった。貞安上人が処刑場に向かう五右衛門を導いた縁から建てられた、と教えてくれた。

 よく通る三条大橋の近くは、かつて女性や子どもをはじめ、多くの人たちが無念の死を遂げた地だった。帰り際、鴨川沿いは、体操する人や、カップルたちでにぎわっていた。平和な世の中のありがたみをかみしめた。(吉村駿)

     ◇

 瑞泉寺(075・221・5741)は、高瀬川を開削した豪商角倉了以が1611年に創建したとされる。拝観時間は午前7時~午後5時。無料。京阪本線の三条駅、京都市営地下鉄の三条京阪駅から徒歩5分。

 大雲院は、祇園祭の鉾(ほこ)を模した「祇園閣」で知られる。境内は、一般公開されていない。

関連ニュース