[PR]

 福岡県糸島市は、遠方から市への移住を検討している人などを対象に、自宅からインターネットで気軽に相談できる「オンライン移住相談」を始める。市は「コロナ禍で県をまたぐ移動が不安な方もぜひご利用を」と呼びかけている。相談の予約受け付けは12月1日から。

 市は人口増をめざして移住・定住の受け入れに取り組んできたが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大により、3月に東京で予定されていた就職・移住相談会「働くばい(by)ふくおか」や、5月に大阪で開催予定だった「おいでや!!いなか暮らしフェア2020」が中止になるなど、移住相談会やフェアが相次いで中止に。2019年度の移住相談の件数は68件と、18年度の94件より減った。

 オンライン相談はウェブ会議システム「Zoom」を使って行う。午前9時半~午後4時半で1組あたり30分程度。予約が必要で、市移住定住促進サイト「きっと満足 糸島生活」のオンライン移住相談特設ページの申し込みフォームから受け付ける。申し込んだ日から平日3日間を空けた日以降の予約が可能。

 問い合わせは市ブランド・学研都市推進課定住・学研都市係(092・332・2079)へ。(鳥居達也)

関連ニュース