[PR]

 人気漫画「ラーメン大好き小泉さん」と、南陽市内にあるラーメン店の看板メニューが描かれた「デザイントラック」が28日、走り始めた。南陽のラーメンの知名度アップを期待する。

 市内に営業所がある丸富運輸(静岡県富士市)から地域貢献を目的に提案を受けた市が、作者の鳴見なるさんと出版元の竹書房に依頼して実現。鳴見さんは、赤湯温泉を意識し、浴衣姿の小泉さんがラーメンを持っているイラストを描き下ろした。

 同社は大型トラックに、このイラストと、市内のラーメン店の看板メニューなどを塗装した。メニューは市のラーメンマップ「なんようしのラーメン」に東北芸術工科大学の学生が描いていたもので、塗装料は約70万~80万円かかったという。

 28日に市内の熊野大社であったお披露目式では、鳴見さんの「意欲的でポジティブな取り組みに参加でき大変光栄。南陽市のラーメンは素朴さの中に個性やこだわりが感じられる。そんなラーメンがいっぱい詰まったラーメントラックを見かけたらラーメン運がアップするのは間違いなしです」というメッセージが紹介された。

 トラックは県内や首都圏、静岡県などを走る。加藤喜美社長は「創業者の父が山形出身。南陽市が有名になり、地域に人が来るように、この車が目立てばいいかなと思います」。白岩孝夫市長も「迫力があり素晴らしい。見た人の脳裏に焼き付くインパクトで、市のPRに力強いものをもらった」と話した。(石井力)