[PR]

 コロナ禍は、学生募集も直撃している。10月上旬時点で、「学生募集」に「大きな影響がある」と回答した大学は78%に上る。中長期的な影響について「学生の確保」を挙げた大学も72%に上った。

 東京都の私立大は、オープンキャンパス(OC)のオンライン化や地方高校生の訪問見送りが「志願者獲得に大きな影響を及ぼすことを危惧している」。千葉県の私立大は「学生募集活動のオンライン化や入試の大きな改革で学生募集の予測が立てにくい」、関西の国立大も「OCの中止などにより学生確保(募集)に与える影響を懸念している」とした。

 コロナ禍特有の不安を抱える大学もある。関西の医療系私立大は「コロナ禍が長期化すれば、医療機関が疲弊する可能性が大きい。その影響が受験生にどう受け止められるか。医療系大学としては、学生確保のうえで大きな問題になってくる」と心配する。

 政府は、長期休校で学習が遅れ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら