[PR]

 アフガニスタンで人道支援に取り組んだNGO「ペシャワール会」現地代表、中村哲医師の追悼の会が29日、熊本市の熊本城ホールで開かれた。中村さんが73歳で凶弾に倒れてから12月4日で1年となるのを前に、熊本から中村さんを支援してきた「ペシャワール会熊本連絡会」が主催。約500人が参加した。

 連絡会の柴田堅一郎会長は、中村さんと九州大医学部時代の同級生。中村さんは熊本を何度も訪れ、アフガンで用水路を建設する際には加藤清正の治水の足跡を見学した、と明かした。

 最後に会ったのは昨年10月のクラス会。用水路によって砂漠化した大地が緑の農地に変わり、養蜂も軌道に乗ってきたと、「いつものおだやかな口調で話してくれた」と振り返った。

 ペシャワール会理事の福元満治さんは、福岡市の出版社「石風社」代表として、中村さんの著作を数多く世に送り出した。中村さんの言葉を引用しながら、その志と行動をたどった。

 中村さんが医師でありながら井戸掘りに、さらには用水路建設に乗り出したのは2000年以降、アフガンが大干ばつに見舞われたからだった。「飢えと渇きは薬では治せない」「100の診療所より1本の用水路を」といった言葉を挙げ、「日本にも世界にも良心的な医者はたくさんいるが、『干ばつだから井戸を、自分たちで率先して』という医者はいない」とたたえた。(佐々木亮)

関連ニュース