[PR]

 全国各地のふるさと納税には、根強い人気がある。青森県内の自治体の返礼品では、特産のリンゴ、コメ、マグロなどの食品が目立つ。しかし、三戸町では「11ぴきのねこ」シリーズのキャラクターが好評で、町のふるさと納税額を押し上げている。人口減少の影響で税収が目減りしている地方自治体。「11ぴきのねこ」は税収面で、まちづくりに大きく貢献している。

 町によると、9月末現在で人口は約9700人、高齢化率は41・2%にのぼる。主な産業は、リンゴやサクランボの農業が中心という。人口は、1955年の1万7764人をピークに減少が続き、現在は1万人を切っている。当然、税収も減少傾向で厳しい状況が続いていた。

 そんな中、同町出身の漫画家・絵本作家の故馬場のぼるさんの代表作「11ぴきのねこ」によるまちづくり構想が浮上。2010年ごろから「町中を『11ぴきのねこ』で」と町内のいたるところにキャラクターが描かれたポスターを掲示した。さらに毎年、ネコの石像を建てようと計画したが、資金難に直面していた。

 転機はふるさと納税だった。1…

この記事は有料会員記事です。残り637文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り637文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り637文字有料会員になると続きをお読みいただけます。