人気映画シリーズ「スター・ウォーズ」で初代ダース・ベイダー役を演じた英国の俳優デビッド・プラウズさんが28日、亡くなった。85歳だった。代理人が明らかにした。

 1935年、英南西部ブリストル生まれ。60年代は英国を代表する重量挙げの選手として活躍した。2メートル近い身長と体格の良さを買われ、77年のスター・ウォーズ1作目「エピソード4/新たなる希望」から始まる旧三部作で悪役ダース・ベイダーを演じた。英メディアによると、出身地の西部なまりが役柄のイメージに合わないとして声は吹き替えられた。

 チューバッカ役とダース・ベイダー役のオーディションに呼ばれた際、「悪役はみんなの記憶に残る」と自らダース・ベイダー役を選んだことを、後にBBCのインタビューで明かしている。

 英国内では75年以降、交通安全を呼びかける子ども向けのキャンペーンのヒーロー役を10年以上担ったことでも知られる。この貢献が認められ、2000年に大英帝国勲章(MBE)を受けた。(ロンドン=下司佳代子)