[PR]

 29日午後0時50分ごろ、東京都江東区東陽4丁目の東京メトロ東西線東陽町駅で、男性がホームから転落し、進入してきた中野発西船橋行きの電車にはねられて死亡した。男性は、視覚障害がある江戸川区在住の60代とみられるという。

 深川署によると、防犯カメラの映像や目撃者の話から、男性は1人で白杖(はくじょう)をつきながらホームに沿って歩いていたが、足を踏み外して転落した可能性があるという。

 東京メトロによると、同駅には7日にホームドアが設置されたが、センサー調整のためまだ運用は始まっておらず、この日は電車が進入した際も開いたままの状態だった。ホームドアは2021年2月に稼働する予定という。