[PR]

 日米のプロ野球で活躍したイチローさん(47)が、11月26日に神戸市内で開かれた第73回新聞大会(日本新聞協会主催)で登壇。「死」を意識したという1995年の阪神・淡路大震災や現役引退について語った。

    ◇

 ――阪神・淡路大震災から四半世紀がたった。当時、オリックスで4年目

 震災の時、僕は神戸市西区の寮の4階にいました。比較的被害は少ないエリアだったんですが、それでも「ドカーン」と来た。早朝だからわけもわからず、何かが寮に突っ込んだと思った。

 まもなく部屋が揺れ出して「地震だ」と思いました。跳び起きたけど、とても立っていられませんでした。僕は一応アスリートなんだけど、とても無理。布団をかぶって丸まっているしかない状態。床が抜けるか天井が落ちるかは覚悟しました。初めて死ぬかもなと思った瞬間でした。

 寒い朝でした。寮にいた選手たちはパンツ一丁で食堂に集まった。みんな怖かったから集まりたかったんです。寮にいない選手に電話をしていったけど、1人だけ連絡がとれなかった。中嶋(聡・現オリックス監督)さんでした。それが、さすがなんですよあの人。「家で寝てた」と。大物になりますよ。

 2週間後がキャンプでした。こ…

この記事は有料会員記事です。残り1506文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1506文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1506文字有料会員になると続きをお読みいただけます。