[PR]

 青森県大鰐町は27日、公費で支出すべき経費を私費で支払っていたとして、総務課の30代男性係長を減給5カ月(10分の1)とする懲戒処分を発表した。

 町によると係長は、消防施設の更新費や選挙経費について支出先への支払い処理が遅れ、「年度をまたぐと支出できなくなる」などと考えて私費で支払ったという。私費での支払いは2018年度分が4件約40万2千円、19年度分が3件約67万6千円の計107万8千円で、町は不適正な会計処理が信用を失墜させたなどとして処分した。また、総務課の課長を厳重注意とした。