[PR]

 バイデン次期米大統領の政権移行チームは29日、大統領報道官に、オバマ政権で国務省報道官を務めたジェン・サキ氏をあてるなど、ホワイトハウスの広報チームの幹部7人の人事を発表した。史上初めて全員が女性で占められるとしている。うち4人は非白人となる。

 起用されたのは、いずれもオバマ政権や民主党幹部の下で経験を積んだ人材。ホワイトハウスの広報部長には、バイデン氏が副大統領時代の報道官で、大統領選でも陣営の報道官を務めたケイト・ベディングフィールド氏をあてた。

 バイデン氏は声明で「米国民に直接、誠実にコミュニケーションをとることは、大統領の最も重要な職務の一つ。このチームはホワイトハウスと米国民をつなぐ大変な責任を託される」と述べた。

 報道官に任命されたサキ氏はツイッターで、広報チームについて「史上最も多様性に富んだチームで、6人は小さい子どもを持つママでもある」と投稿した。(ワシントン=香取啓介)