[PR]

 年の瀬に、自宅で家族と落語を楽しんでみませんか。朝日新聞は、オンラインイベント「みんなでじゅげむ寄席」を12月27日午後1時から生配信します。

落語「じゅげむ」のアイデア募集

 出演は、落語家の桂福丸さんと露の瑞(みずほ)さん、立体紙切り師の辻笙(しょう)さん。「じゅげむ、じゅげむ、ごこうの……」で始まるおなじみの落語「じゅげむ」を、福丸さんが披露。長い名前の主人公がどの場面にいたら面白いか。みなさんのアイデアを事前募集。高座で採用された方には記念品をお送りします。

 その後、若手落語家のホープの瑞さんが一席、福丸さんがもう一席。ハサミと紙を使い、しゃべりながら動物を作り上げる京都芸術大生の辻さんの技もご覧いただきます。

 一般視聴2千円(税込み)。落語体験付き3千円(同、こちらは小中学生の親子限定で申し込み先着20組)。発売開始は12月4日午前10時。応募ページ(https://ciy.digital.asahi.com/ciy/11003089別ウインドウで開きます)。