[PR]

 安倍晋三前首相側が「桜を見る会」前日の夕食会の費用を一部負担していた問題で、菅義偉首相は30日の参院本会議で、負担を否定した過去の自身の国会答弁について「安倍前首相が国会で答弁された内容につき、必要があれば安倍前首相に確認し、誠実に行ってきた」と述べ、問題はないとの認識を改めて示した。

 菅氏は官房長官だった昨年11月や今年2月、国会で、夕食会の会費について「参加者からホテル側へ支払いがなされた」などと説明し、安倍氏側が一部を負担した事実はないという答弁を繰り返していた。

 この日の参院本会議で、共産党の山下芳生氏は「ホテル側に確認もしないで安倍氏と同じ答弁を繰り返した菅首相の責任も重い」と指摘。安倍氏の証人喚問を求めた。これに対し、菅氏は「国会の運営については国会でお決めいただくことと認識をしている。お答えは差し控える」と話した。

 一方、無所属の芳賀道也氏は、菅氏が日本学術会議の問題を含めて「お答えを差し控える」などと答弁を拒む場面が多く、民主主義の危機だと指摘した。菅氏は「きちんとお答えするようにしてきた。仮定の質問や人事に関する質問など、政府として答えを控える必要がある場合もあったが、理由をできる限り申し上げてきた」と反論した。(小林豪)