[PR]

【朝日新聞ポッドキャスト】世界の現場から ニュージーランド編

 ニュージーランドは、新型コロナウイルスの対策で最も成功している国の一つです。その陣頭指揮を執っているのが、女性首相のアーダーン氏。産休を取ったことや、テロへの毅然(きぜん)とした対処が日本でも話題になりました。コロナを巡っても、筋の通った政策と実績が支持されているようです。

 実は朝日新聞は、国外のメディアとしてはいち早くアーダーン氏への取材をしてきました。単独インタビューの経験もあるシドニー支局の小暮哲夫記者が、現状を報告します。朝日新聞ポッドキャストでお聞き下さい。主な内容は以下の通りです。

・力強い団結のメッセージ

・感染確認、翌日から外出規制

・盤石とは言えなかった支持

・10月の総選挙、歴史的圧勝の背景

有料会員の方は
音声の主な内容をテキストでも確認していただけます(音声の内容をそのまま書き起こしたものではありません)

     ◇

Q:ニュージーランドの新型コロナウイルスの状況はどうですか。

A:人口500万人弱の国ですが、これまでの感染者数はあわせて約2千人。死者は25人にとどまっています。

 対策はオーストラリアに似ています。外国人の入国禁止、全土での厳しいロックダウンなどです。4月以降は段階的に緩和し、たとえば飲食店で受け入れられる客の人数を少しずつ増やしました。6月初めには規制を全面的に解除しました。

Q:第2波はないんですか?

A:8月11日に最大都市オーク…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら