梅村清弘さん(うめむら・きよひろ=学校法人梅村学園名誉総長)が26日、老衰で死去した。83歳だった。葬儀は近親者で営んだ。喪主は長男で同学園総長・理事長の清英さん。後日、学園葬を予定している。

 中京大を創設した梅村学園初代理事長・清明氏の長男。中京商業高校(現・中京大中京高校)の校長だった66年、同校野球部が甲子園で春夏連覇を達成した。専門はスポーツ社会学で、中京大の体育学部(現・スポーツ科学部)教授などを経て80年から8年間、中京大学長を務めた。88年に学園の理事長となり、90年に総長を兼務。11年に最高顧問、14年に名誉総長となった。