新語大賞は「ぴえん」 ベスト10に「密」「リモート」

有料記事

山本亮介
[PR]

 今年よく見聞きした言葉から、辞書を編集する専門家らが選んだ「今年の新語」のベスト10が11月30日、都内で発表された。大賞には「ぴえん」が選ばれた。

 「ぴえん」の語釈として「小声で泣きまねをするときの言葉」「困ったり、思い通りにならなかったりして、ちょっと悲しい気分であることをあらわす言葉」などと説明。例文として「電車に間に合わない、ぴえん」と紹介した。

 ベスト10には「密」や「リモート」など新型コロナウイルスの影響で選ばれた言葉も。ただ、「ソーシャルディスタンス」「クラスター」などは選外に。国語辞典編纂(へんさん)者の飯間浩明さんは「辞書に収録するのは、今後もずっと日本語として使われるものを選ぶ。ソーシャルディスタンスなどはこの先何年も続いては困る、という思いがあった」と理由を述べた。

 「今年の新語」は、「新明解…

この記事は有料記事です。残り824文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!