[PR]

 2018年に実施されたディスカウント大手「ドンキホーテホールディングス(HD)」の株式公開買い付け(TOB)をめぐり、同社前社長(57)がTOB公表前に知人に自社株の購入を勧めた疑いがあることが、関係者への取材でわかった。東京地検特捜部は金融商品取引法違反(取引推奨)容疑での立件に向け、詰めの捜査をしている。前社長は任意の調べに否認しているという。

 TOBは、小売り大手「ユニー・ファミリーマートHD」(現ファミリーマート)が実施。18年10月11日に発表した連携強化策で、ドンキ(現パン・パシフィック・インターナショナルHD)株の20・17%を上限に総額約2119億円で取得する一方、傘下のスーパー「ユニー」株を約282億円でドンキに売り、ドンキの完全子会社にすると明らかにした。両社は8月下旬から協議を始め、ユニー・ファミマは9月上旬にTOBを提案したという。

 ドンキ株はTOB公表後、公表前日の6050円から6千円台後半に高騰。市場価格が買い付け価格の6600円を上回り、TOBは不調に終わった。

 関係者によると、ドンキ前社長はTOB公表前の18年9月、会社の取引先で、パチンコ店を経営する知人男性に複数回電話し、ドンキ株の購入を勧めた疑いがある。知人は親族にも呼びかけてドンキ株を購入。TOB公表後に売り抜け、知人だけで約6千万円の利益を得たという。

 金商法は、会社関係者が未公開…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら