[PR]

 神戸市中央区で2019年10月、特定抗争指定暴力団・神戸山口組の傘下組員2人が射殺された事件で、神戸地検が殺人罪などで起訴していた無職の丸山俊夫被告(70)が死亡したことが捜査関係者への取材でわかった。病死とみられ、初公判前だった。

 丸山被告は事件当時、対立する特定抗争指定暴力団・山口組の中核組織「弘道会」の傘下組織の組長だった。起訴状によると、19年10月10日、神戸市中央区にある神戸山口組の中核組織「山健組」の事務所付近で拳銃を発射し、傘下組織の組員2人を殺害したとされる。