[PR]

 立憲民主党の枝野幸男代表は12月31日、東京都内で新たに1337人の新型コロナウイルス感染が確認された状況を受け、「政府与党には、今こそ緊急に対応して、緊急事態宣言の発出と医療機関への支援を強く求めたい」と訴える動画を自身のツイッターに投稿した。

 枝野氏は動画の中で、「年内にも(都内の新規感染者が)千人を超えてしまうのではないかと心配し、早い時期から『Go To キャンペーン』の一時停止や地域限定の緊急事態宣言を出すべきであると訴えてきたが、さらに深刻な状況を招いている」と政府の対応の遅れを指摘した。

 国民民主党の玉木雄一郎代表もこの日の自身のメールマガジンで、「国は速やかに緊急事態宣言を発出すべきです。例えば、首都圏に限定して出すことも一案。菅内閣の対応は、少なくとも2週間遅い。結果として、経済への悪影響を長引かせている」と訴えた。