[PR]

 宮崎県は1日未明、簡易検査で鳥インフルエンザA型の陽性反応が出ていた日向市東郷町の養鶏場で死んでいたニワトリについてPCR検査をした結果、鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。高病原性の疑いがあるという。この養鶏場では約4万羽のブロイラー(肉用鶏)が飼育されている。陽性が確定したことを受け、県は1日に殺処分を始める。

 県によると、11月30日午後、農家から「ニワトリ約60羽が死んでいる」と連絡を受け、県が簡易検査をして陽性と判明。詳しい検査をしていた。

 県は、すでに感染拡大の懸念から、この養鶏場に対して鶏の移動自粛を求めている。県によると、「移動制限区域」の半径3キロ内には養鶏場はほかになく、「搬出制限区域」の半径10キロ内の養鶏場は16農場で約78万羽。

 鳥での感染力や致死率が高い高病原性鳥インフルエンザは、県内では2007年1月に初めて確認された。11年の発生時には県内13農場に広がり、約102万羽が殺処分された。高病原性であることが確認されれば、県内では17年1月の木城町での発生以来となる。(矢鳴秀樹)