[PR]

 総務省が1日に発表した10月の完全失業率(季節調整値)は3・1%で、前月より0・1ポイント上昇した。新型コロナウイルスの影響で雇用情勢の悪化が進み、3%台は3カ月連続。完全失業者数は、前月より8万人多い214万人となった。

 一方、厚生労働省が1日に発表した10月の有効求人倍率(季節調整値)は、前月より0・01ポイント高い1・04倍だった。新型コロナウイルスの影響で9月まで9カ月連続で悪化していたが、やや改善した。ただ、厚労省は「回復傾向に転じたとまでは判断できない」としている。

 求人倍率は、求職者1人あたり求人が何件あるかを示す。10月は有効求人が前月から2・2%増え、有効求職者の増加を上回った。就業地別でみると、1倍割れは前月より4少ない13都道府県。最低は沖縄県の0・73倍、最高は福井県の1・58倍だった。

 ただ、新規求人は前年同月比23・2%減で、10カ月連続のマイナス。宿泊・飲食サービス業が同38・2%、生活関連サービス・娯楽業が同35・4%減少するなど、全主要産業が前年同月を下回った。