[PR]

 食糧問題を解決する手段としても注目される昆虫食が、ついに調味料にも――。「八丁みそ」に代表されるみその本場、愛知県の蔵元が11月、東京の昆虫食レストランと協力して、コオロギのしょうゆを商品化した。売れ行きは好調で、第2弾も仕込み中だ。

 コオロギでしょうゆをつくったのは、1928年創業の野田味噌(みそ)商店(愛知県豊田市)。現代では珍しくなった木おけで仕込んだみそを「桝塚味噌(ますづかみそ)」のブランドで全国各地に卸している。年間の生産量は約2千トン。木おけ仕込みとしては全国最大規模の蔵元だ。

「みたらし団子や焼きおにぎりに合う」

 4代目の野田好成さん(36)は5年ほど前から消費者向けのみそづくり教室を続けてきた。コオロギのしょうゆが誕生したきっかけは、ある日寄せられた、参加者の1人からの相談だった。

 「昆虫を使ってみそがつくれませんか」

 愛知県豊田市の老舗の蔵元が、大豆を一切使わずに昆虫のコオロギと米こうじ、塩でだけでしょうゆをつくりました。方向性としては魚醬(ぎょしょう)に近く、「やさしいうまみ」があるといいます。

 昆虫も、みその主原料の大豆と…

この記事は有料会員記事です。残り1291文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1291文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1291文字有料会員になると続きをお読みいただけます。