「第3のミルク」が急成長 大容量パックで料理にも

有料記事

西尾邦明
[PR]

 牛乳、豆乳に続く「第3のミルク」とも呼ばれる「アーモンドミルク」の人気が高まっている。牛乳と比べカロリーや糖質が低い一方、ビタミンEなどが豊富。料理に使う人も増えている。

 「アーモンド効果 1日分のビタミンE/食物繊維カルシウム

 江崎グリコのアーモンドミルクのパッケージには、栄養価を訴求した言葉が並ぶ。アーモンドを砕いて水と混ぜてつくっており、砂糖が入ったものや入っていないもの、コーヒーを入れたものなど計11商品がある。2014年から全国での販売を始めたところ、「美意識の高い若い女性を中心に人気が広がりましたが、今は男性や高齢者にも広がっています」(広報担当者)と言う。

 医師や管理栄養士らでつくる…

この記事は有料記事です。残り515文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。