[PR]

 スポーツ記者になりたいと入社したとき(1990年)、いつか取材したいと思った人が2人いた。少年時代のスーパースターだった長嶋茂雄さんと、野球の魅力を漫画で教えてくれた水島新司さんだ。

 水島さんを取材するチャンスは、入社5年目の95年1月に訪れた。「ドカベン プロ野球編」(秋田書店)の連載が始まるらしいという情報を知り、「ドカベンが帰ってくる!」という記事にしたいと取材を申し込んだのだ。

 待ち合わせ場所にスーツ姿で現れた水島さんは、プロ野球編を描くきっかけは清原和博選手(当時西武)だと教えてくれた。「山田太郎はどうしていますか。ぼくはドカベンの山田で、4番打者というものを知った。プロで一緒にやれたら、最高なんだけどな。(清原選手に)そう言われたんだよね」

 イチロー選手(当時オリックス…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら