[PR]

 今年の世相を反映した言葉を選ぶ「2020ユーキャン新語・流行語大賞」(「現代用語の基礎知識」選)が1日発表され、新型コロナウイルス関連の言葉で埋め尽くされた。選考委員からは、「うんざりした」「流行とは何か考えさせられた」との嘆き節も聞かれた。

 年間大賞の「3密」を始め、「アベノマスク」や「アマビエ」など、選ばれたトップテンのうち、五つがコロナに関連する言葉だった。

 選考委員をつとめた国語学者の金田一秀穂・杏林大学教授は、「もうちょっと違う言葉を選びたかった。選考の会でもうんざりしながら探した」と告白。「外来語もパンデミック、日本語も濃厚接触と、あまりにも未成熟な言葉が多く、それにもうんざりさせられた」と話した。

 年間大賞の「3密」は「中ではまっとうだった。日本語は3K、3高のように複数のものを一つの言葉にまとめるのが上手。わかりやすく特徴が示されていた」と評価した。「去年は、今年の流行語大賞がこうなってしまうとは誰も思っていなかった。『来年どうなっちゃうんだろう』というのも馬鹿馬鹿しい気がしている。一寸先は闇だと思っています」

1千人でオンライン飲み会

 漫画家・コラムニストの辛酸なめ子さんも、「ミーハーになって『愛の不時着』や『鬼滅の刃』にはまり、とりあえず不安を忘れられるという一年でもあった」と指摘。インターネットで流行語を追っていたというが、「今年はコロナ(関連の言葉)しか出なかった。あらためて流行についても考えさせられた一年でした」と話した。

 女優・エッセイストの室井滋さ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら