[PR]

 高校2年の女子生徒(16)は、精神疾患のある母のために家事をしたり、話し相手になったりして、母の支えになっている。母と暮らし続けたいと思う半面、感じるのは「母を頼りたくても頼れない」つらさだ。家族の介護や家事をする18歳未満の「ヤングケアラー」は、ケアと学校、進路など自身の生活との間で悩んでいる。

「母に無理させてはいけない」 気遣う日々

 「今日のごはん、カップラーメンにしようか」

 東京都の高校2年の女子生徒(16)は、台所にいる母(47)にそう声をかけた。母は夕食を作ろうと台所に立ったものの、ため息をつき、手が止まっていた。

 「いいの? ありがとう」と母は言った。女子生徒はすぐにカップラーメンを戸棚から取り出し、一緒に食べた。本当はハンバーグをつくってほしかった。でも、その気持ちはのみ込んだ。

 母と2人暮らし。母は抑うつ状…

この記事は有料会員記事です。残り1660文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1660文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1660文字有料会員になると続きをお読みいただけます。