[PR]

 宮崎県延岡市にある旭化成の半導体工場で10月に発生した火災を引き金に、納入先のメーカーで生産の遅れが起きている。工場復旧のめどは立っていない。各社は代替品探しに動くが、特殊な製品もあり影響はさらに拡大しそうだ。

 火災は10月20日、旭化成の子会社「旭化成マイクロシステム」の延岡事業所で起きた。5階建ての4階にあるクリーンルームから出火。24日に鎮火した。けが人はいなかった。

 工場では主に音響機器やスマートフォン向けの半導体集積回路(LSI)を製造していた。月1万5千枚の少量多品種生産で、中には特殊な半導体もあり他社が代替生産するハードルは高いという。被害に遭わずに残っていた製品を11月20日から順次出荷しているが、「1~3カ月分しか在庫がない」(旭化成広報)。小堀秀毅社長は11月、朝日新聞の取材に対して「(工場の)復旧のめどは立っていない」と述べた。

 影響は納入先のメーカーに及んでいる。

 車載機器や音響機器の大手JV…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら