[PR]

 トヨタ自動車は1日、中型セダンや小型車など5車種を生産終了すると発表した。トヨタは今年5月、4系列の販売店が同じ車種を売る「併売」を開始。これに伴い、基本構造は同じで見た目が違う「きょうだい車」の集約を進めている。

 今月上旬に生産終了するのは、小型車のきょうだい車である「ポルテ」と「スペイド」。来年3月末には、中型セダンのきょうだい車である「プレミオ」と「アリオン」、ハイブリッド車「プリウス」の派生車であるワゴン「プリウスα」の生産を終了する。いずれの車種も最近は販売が低迷していた。