[PR]

 奈良県宇陀市はこのほど、ふるさと納税の返礼品に、地元の毛皮革加工会社「春日」が開発・製造したマスクを追加した。鹿革をフィルターに使ったもので、1万円の寄付に対してマスク1枚が贈られる。

 使われているのは中国産の鹿「キョン」の皮。同社によると、繊維網が細かく、浮遊するウイルスの97・8%をブロックできることが専門機関の試験で分かったという。

 約10年前に新型鳥インフルエンザが発生した際、春日は最前線で活動する研究者向けに開発したが、4本のワイヤを使っていて装着が難しかった。同社は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、高齢者や子どもにも装着しやすいように改良した。

 マスクはグレー、ベージュ、ネイビーの3色で、S、M、Lの3サイズ。9月下旬に3600円(税別)で発売。4千枚以上が売れているという。(篠原大輔)

関連ニュース