[PR]

 戦時中、野球は「敵性スポーツ」とみなされ厳しい統制を受けた。ラグビーはどのような状況に置かれたのだろう。軍隊とスポーツについて研究する、京都大学大学院文学研究科の高嶋航(こう)教授(49)=東洋史学=に聞いた。

「ラグビーを行うことがお国へのご奉公」

 「軍隊とスポーツ」について調べていくと、太平洋戦争下で政府がラグビーを特別に扱っていたことがわかりました。1943年3月、「戦時学徒体育訓練実施要綱」が文部省から出され、取り組むべき運動として武道などに加えてラグビーが例示されているのです。ここに名前がなかった野球など多くの球技はこの頃、急速に消えていった。

 ラグビーが例示されたのは、野球と異なり商業化が進んでおらず、純粋とみられていた面があるからだと見られます。そして、それ以上に大きな要因と考えられるのが、海軍で熱心にラグビーが行われていたということです。

 ラグビー発祥の地であるイギリ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら