[PR]

 大阪松竹座の新年は、坂東玉三郎の舞踊公演で幕を開ける。「無事にお客様をお迎えし、現実を忘れて頂く時間を持つことができれば」と玉三郎は話す。

 幕開けの「口上」では、「舞台だけでも、華やかなものをお見せしたい」。お正月飾りをモチーフにした打ち掛けなどを、披露しようと考えているという。

 上演するのは2演目。源頼朝の前で、静御前が義経を恋い慕いながら舞う姿を描いた「賤(しず)の小田巻」。そして恋する人を思う傾城(けいせい)が、四季折々の情景を見せる「傾城雪吉原」だ。

「坂東玉三郎初春特別舞踊公演」
1月2~19日(6、10、15、16日休演)。午後2時開演。1等1万8千円、2等7千円。チケットホン松竹(0570・000・489)。

 「傾城雪吉原」は、一昨年に初…

この記事は有料会員記事です。残り398文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り398文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り398文字有料会員になると続きをお読みいただけます。