[PR]

 東京・表参道の土地(約160平方メートル)を持ち主になりすまして約2億4千万円で売却したなどとして、警視庁は、東京都江東区東雲1丁目、職業不詳三木勝博容疑者(65)ら男3人を詐欺の疑いで再逮捕し、2日発表した。

 ほかに逮捕されたのは、会社役員樫尾幸宏(42)=奈良市佐保台3丁目=、職業不詳豊田浩幸(60)=千葉県市川市欠真間2丁目=の両容疑者。

 捜査2課によると、3人の逮捕容疑は2016年12月上旬、共謀し、東京都渋谷区神宮前4丁目の土地を持ち主の80代女性になりすまして都内の不動産会社に売却。代金として約2億4千万円をだまし取ったというもの。女性から取引を任されたとする委任状を偽造したなどとして、今年11月に有印私文書偽造・同行使などの疑いで逮捕されていた。