蒸しパンの移動販売車「ロバのパン屋さん」=久保智祥撮影
[PR]

「まだまだ 勝手に関西遺産」

 いつもの駅を出たときだった。

 ♪ロバのおじさんチンカラリン

 久しぶりに聴いたメロディーに、子どもの頃の記憶がよみがえった。京都市内の自宅近くに、移動販売車「ロバのパン屋さん」が来ていた。

拡大する写真・図版パンの移動販売車「ロバのパン屋」の歌が住宅街に響くと、常連客たちが走って買いに来る=京都市山科区、筋野健太撮影

 ロバのイラストが描かれた軽ワゴン車。その荷台に積んだ木製ケースにはあんやクリーム、抹茶黒砂糖など色とりどりの蒸しパンが並ぶ。どれも1個130円と財布に優しい。1日100個ほど売れるという。

 神出鬼没のロバのパン屋。いっ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。