拡大する写真・図版ポストトランプ 世界の視線

[PR]

中国総局員・冨名腰隆

 北京の中心・故宮博物院から北へ約3キロの場所に、13世紀の元の時代から市民に時刻を告げてきた時計台・鼓楼が立つ。その東隣にある食堂「姚記炒肝店」にジョー・バイデン米副大統領(当時)が突然姿を見せたのは、2011年8月18日の昼過ぎのことだった。

 中国メディアの報道によると、店主の姚燕さんは家族ら5人で現れたバイデン氏に2階の個室を勧めたが、バイデン氏は「みなさんと同じ場所で」と大広間の椅子に腰掛けた。人数分のジャージャー麺や肉まん、ジャガイモの細切り炒めなど79元(約1200円)分を平らげると、「ご迷惑をおかけしました」と100元札を渡し、おつりを受け取らずに立ち去ったという。

拡大する写真・図版2011年8月18日、北京の食堂「姚記炒肝店」を訪れたバイデン米副大統領(当時)=ロイター

 バイデン氏が11月3日の大統領選で勝利を確実にしたことを受け、店は再びにぎわいを見せている。11月下旬に足を運ぶと、客が列をなしていた。60代の男性客は笑った。「アメリカの大統領になるような人が食べた味だから、そりゃあ、みんな興味あるよ」

USJもMBAも楽しみに

 2018年春にトランプ政権が…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら